小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

第2回都政改革本部 まとめ

 

都政改革本部第2回目の会議が9月29日に行われていたのでまとめてみたいと思います。

4つの議題について報告がされました

1 各局の自律改革についての進捗状況
2 情報公開についての進捗状況
3 内部統制プロジェクトチームを立ち上げたのでその説明
4 オリパラ調査チームからの報告


1 自律改革について簡単にまとめ

9月2日から各局で自主点検を行った結果、320項目の提案が上がってきたそうです。
具体的には以下の画像にあるとおりですが窓口業務の改善や許認可等の審査期間短縮、見やすいHPの作成や審議会の更なる公開、ペーパーレス化や会議の効率化等が提案として挙がってきているようです。それらの提案をを実施する手段として各局に改革本部を設置したそうです。

f:id:renkan:20161014004043p:plain


予算編成の透明性の向上ということで今までは各局からの予算要求→知事による査定という2段階の公表だったようですが今後は各局予算要求→財務局による調整→知事による査定という3段階の公表にしていくそうです。
3段階の予算編成の流れで税金が何に使われていくのかしっかり調べていきたいなと思いました。


2 情報公開について

まず公益通報制度についての報告がされました。公益通報制度とは、いわゆる内部告発のことです。
今までの東京都では、告発を受け付けるのは公益通報者保護法に規定された法律違反についてのみだったそうで、すべての犯罪行為についてではなかったそうです。これをすべての犯罪行為に対象を拡大したそうです。続いて内部告発をしようにも同じ都の職員が受け付けていたため抵抗感があるかも(告発しにくい)ということで外部受付の弁護士窓口を設置するそうです。

さらに今までは受け付けていなかった外部(都民通報)も受け付けるそうです。そしてその件数、処理状況を公表しますと。これはかなりのコンプライアンス上昇と言いますか、悪いことはしにくい環境になっていくのではと僕は思いました。今までに都の職員が悪い事をしていたのかは分かりませんが、今後は処理状況を確認してチェックしてみたいと思いました。
次に審議会の情報公開についての報告がされました。今までは他県と比較しても会議・議事録の非公開割合が高かった。他の自治体では平均30.6%が非公開に対し東京都は33.9%で3%ほど平均より高かったと。これを自己点検していき非公開の割合を25%にまですでに減らしたそうです。また、議事録を10月から原則全文公開するようにしたそうです。
続いて公文書開示制度についての報告がされました。いわゆる開示請求した文書が黒塗りが多く海苔弁当みたいになっている問題についてです。これについて今までは個人情報等を盾に多くを塗りつぶしてきたのを原則開示という初心に戻りできるだけ公開していきたいとのこと。そして塗りつぶした部分については今後HP等で理由を公表していきたいということです。
続いて広聴についての報告です。都民の声窓口というものから都民の意見や苦情を受け付けているそうです。年間18万件程度の都民の声が窓口に寄せられるそうですが、今までは寄せられた意見に対しどのように都政が動いたのかが明らかになっていなかったそうです。今後は寄せられた意見を各局に分類し、対応事例などをHPで毎月公表していくそうです。また都民の声を適切に知事に届けるルールを作成するようです。
最後にHPのあり方についての報告です。簡単に言えばもっと見やすく改善していくとおっしゃっていました。
情報公開という点についてはこの会議で言われたように変わっていくのなら満点に近い改善をされたんじゃないかと思いました。今後各局HPで確認していきたいと思いました。


3 内部統制プロジェクトチームについて

内部統制チームが何をするかというと
・契約・入札
・事業評価
補助金の使途
・管理団体の指導・監督
・公務員の倫理
・各局の意思決定のプロセス
・海外出張費など舛添前知事の問題の検証
これらの改善策を検討しこの本部会議で報告、議論していくというチームになるそうです。第3回目以降の本部会議で何かこのチームから報告があるかもしれません。


4 オリパラについて

オリパラについての報告です。まずオリンピックについてオリパラチームが調べた現状の分析と報告、オリパラ準備局、財務局、総務局からのQ&A方式のプレゼンがありましたがそれについては長くなりそうなので次回しっかり細かくまとめたいと思います。小池都知事の意見としてはレガシー(遺産)を重要に考えているようで、オリパラが終わった後に負の遺産とならないような施設作りをしていきたいというような意見を言っていました。

2回の会議を見て小池都知事が自律改革、情報公開、税金の賢い支出(ワイズスペンディング)についてとても熱心に考えられていることは見えてきました。この3つが都政にどんな影響を与えて東京都がどう変わっていくのか、もしくは有言不実行になってしまうのかしっかり見ていきたいと思いました。

第3回都政改革本部会議は1か月後をめどに開催予定だそうです。