読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

小池都知事が宮城県登米市のボート場を視察していました10月15日

オリパラに向けた海の森水上競技場の建設費491億円に難色を示していた小池都知事ですが、宮城県村井知事からの提案を受けて宮城県の長沼ボート場での開催の可能性を探りに現地視察をしたようです。まずは選手村として利用することを提案された仮設住宅団地を訪れました。2つの仮設住宅を1つにして大きめの部屋としてモデルルームが完成していました。仮設住宅とはおもえない立派な建物となっていました。続いてボート場の視察、ボートに乗って風や波の確認をしていた模様です。小池都知事は「被災地に使われた仮設が今度はオリンピック・パラリンピック用に甦るというのは1つの大きなメッセージになる」と言いました。長沼ボート場での開催に前向きな雰囲気です。

一方ボートやカヌーの協会、組織委員会は開催地変更についてはとても後ろ向きであり、苦言も。実際に競技会場を変更するにはIOCや国際競技団体からの承認も必要だそうでハードルは高そうです。また、埼玉県の上田知事も埼玉県の彩湖で受け入れの用意があると発言され選択肢がさらに1つ増えた模様です。

過去のオリンピックでボート、カヌーでのメダル獲得数は前回のリオでカヌーの銅メダル1個のみです。日本ではとてもマイナーな競技で世界的に日本が強いとはいえないジャンルと言えると思います。そのような競技に都民の税金を使い、海の森水上競技場は現時点で建設費491億円+五輪後の維持費で赤字を垂れ流し続ける可能性があり負のレガシーとなる可能性があります。

長沼ボート場や彩湖では建設費とレガシーがどうなるのかを調べていきたい所です。今後の小池都知事の決断に注目です。