読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

東京都議会平成28年第3回定例会 9月28日

東京都議会 小池都知事

小池都知事になって初めての東京都議会が行われていたので都議会をまとめてみます。

都議会を見るのが初めてなので見ながら勉強していきたいと思います。

まずは議長のあいさつや新しく当選した議員のあいさつが続いていて眠くなりそうですが何があるか分からないのでちゃんと見ていきます。

始まって20分程して小池都知事が出てきました。所信表明です。

東京大改革として都民ファースト、情報公開、ワイズスペンディング(税金の有効活用)を行っていくと述べています。

知事報酬の半減を議会に提案した。

豊洲移転を延期したことについての説明(安全性や情報不透明さ等)

待機児童の解消のための補正予算案を提出した。

ライフワークバランスを変えたい→残業ゼロ社会

障害者福祉施設で作られた自主製品のショップをオープン→支えるだけでなく障害者の自立もバックアップする

教育→留学支援、イノベーションをもった人材育成→新たな教育施策大綱を作る

ペット殺処分ゼロ、耐震化の後押し、無電柱化、地域活性化林業の振興、災害対策、IoT、AI、低炭素社会、国際金融都市東京、伝統工芸、、、、、等々ありとあらゆる事を目指していきたいそうです。

オリンピック・パラリンピックの成功。

八ッ場ダムの整備について事業費増額に同意。

名誉都民3名の選定。

東京市第7代市長後藤新平という方の言葉を引用されました

人のお世話にならぬよう 人のお世話をするよう そのむくいを求めぬよう

常に都民の利益を考え働くこと。

本定例会には予算案1件 条例案11件等、合計30件の議案を提案。

以上が都知事の所信表明のまとめになります。

続いて名誉市民3名の選定についてと北朝鮮による核実験及びミサイル発射に対する抗議決議の2つが可決されていました。

以上が東京都議会平成28年第3回定例会9月28日のまとめでした。