読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

小池都知事 記者会見 まとめ2016年10月21日

記者会見のまとめです。

まずは知事からの報告。

1 フラッグツアーで11月2日に福島を訪問します。

 

2 東京環境サポーター債という債権を発行します。世界ではグリーンボンドと呼ばれるものだそうで、個人を含め投資家からお金を集めて環境事業へ投資していく(太陽光発電設置、LED化等)。例えばパリ市で行っているそうで日本の投資家がパリに投資してパリの環境がよくなっていくと。それなら東京でもこれをやってみなさんのお金が東京で活かされて東京環境先進都市が実現に近づくだろうと言われました。

 

3 待機児童対策における都有地の活用第1号の事例が出ました。台東区の水道局の用地を保育事業者に貸し出そうとなったみたいです。資料によると年間310万円の家賃が今なら年間68万円まで減額されて借りられるみたいです(30年間)。保育事業者にとってはチャンスかもしれません。

 

4 動物殺処分ゼロに向けてPR映像作成。各種イベントも。

 

5 都の内部統制について 外部関係者や議員から都の職員に対しての働きかけは記録をきっちりとるように指示をした。いわゆる口利きがあったような都民から誤解を受けることがないようにするため。

 

質疑応答の気になる所のまとめ

Q 知事の政治塾の応募が昨日締め切られたが今後政治塾から小池新党への発展は?

A 学びの場として作らせていただいたものでそれ以上でも以下でもない。

 

Q 五輪会場の判断はコストを重点に考えているのか?

A コスト、五輪後の活用度、アスリート視点など総合的に。

 

Q 乳児用液体ミルクの解禁を進める話について

A 震災時に水がない状況で液体ミルクは便利。

 

Q 長沼に会場を移すと都の税金はかからないが宮城の税金がかかる点は?

A 被災地の方が利用するプラス面やコストのマイナス面を合わせて判断。

 

Q 豊洲の地下管理システムについて

A 3日から進めていて雨が降ったりもしているが着実に減少している。

 


政治 ブログランキングへ