読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

五輪開催費3兆円で30兆の経済効果って本当?

コメンテーター オリンピック・パラリンピック

10月28日放送のフジテレビのバイキングで内閣参与の飯島勲さんがこういった内容の発言をされていました。

 

飯島「投資と考えてもらいたい。日銀のレポートを見るとだいたい30兆を軽く上回るくらい効果が出る。3兆円使って30兆の経済効果だ。」

 

これだけ効果があるのだからケチケチしないで五輪にお金を使えと言う論調でした。そんなに効果があるものなのかと驚いたので実際に調べてみました。

 

BOJ(日銀)のレポートによるとオリンピックの2014年~2020年の経済効果の予想は、幅を持ってみる必要があるとしながらも合計約29兆円と出ていました。しかしこの経済効果に入れられているオリンピック関連建設投資をみてみると、民間ホテル、豊洲市場への移転、環状線、再開発費用などが入れられていました。これらの費用は世間で言われている五輪費用3兆円の中にはそもそも入っていないお金です。これらの費用約10兆円から得られる経済効果も入れて30兆円の経済効果とBOJは言っているので、飯島さんの3兆円で30兆円の効果があるという発言はおかしいです。

 

内閣参与という立派な肩書きで影響力のある人が間違った発言をして3兆円で30兆円も効果があるからいいじゃないかと勘違いする人が増えては良くないと思いました。

 


政治 ブログランキングへ