小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

小池都知事 記者会見 地下空間問題まとめ 2016年11月1日

豊洲の地下空間についての記者会見が行われましたので地下空間問題をまとめてみます。

 

まず問題点が何なのかについてですが、平成21年2月に「豊洲新市場整備方針」というものが決まり、この時点では敷地全面に盛り土がされる計画だった。しかしいつの間にか地下空間が作られているにも関わらず、議会や都民に盛り土が全面にされているような説明を職員が続けていた(嘘をついていた)事になります。「いつ、どこで、誰が」整備方針を変えたのかという話になります。

 

いつ、どこで、誰が決めたのか?

平成22年11月から設計等の打ち合わせを経て、平成23年8月18日に新市場整備部で開催された部課長級会議にて地下空間を設置する方針を決めたということが分かりました。ここで都の方針に沿わずに、局の判断で行われたということになる。

 

責任者は?

この期間の市場長が2名(OB1名)、部長級職員が6名(OB3名)の計8名。懲戒処分等の手続きを進める、OBについても何か考えるそうです。

 

石原都知事が関わっていたのかどうかは引き続き検討していくそうです。とりあえず都の職員については責任が追及できたんではないでしょうか。職員の方々も盛り土をするより地下空間を作った方が安全だろうと必死に考えてくれての事だったかもしれませんが、結果的に都民を騙す形になってしまったのが残念です。

 


政治 ブログランキングへ