読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池都政を日々追ってみる

小池百合子都知事になって東京都の何がどう変わるのか具体的に調べてまとめていくのが目標

第3回都政改革本部 まとめ ②

11月1日に行われた都政改革本部会議の続きです。

 

オリパラについての調査チームからの気になった部分を抜粋します

 

海の森水上競技場について

・海の森(恒久)、海の森(仮設)、長沼案の3つを検討

・4者会議で11月中に判断していくべき

・ボート協会(NF)は海の森恒久案だが一部のアスリートからは疑義

・首都圏のボート・カヌーチームの80%が拠点移動の以降なし

 

五輪後のレガシーとして

・NFは全国大会13のうち7大会の開催見込、国際大会も見込

・NFはボート利用者、観客等で年間35万人来場見込

・ボート競技人口は1万人なのでNFの言う通りの集客ができるか疑問

 

ランニングコストを含めた3施設の試算等

海の森(恒久)→建設費328億円→50年間利用して改修費+赤字=トータル530億円

海の森(仮設)→建設費298億円→20年間暫定運用した場合トータル328億円~450億円

長沼     →建設費200億円→未定

※参考 前都知事の時代の海の森(恒久)→建設費491億円+仮設設備28億円

 

アクアティクスセンターについて

・辰巳の観客席数増の案はリスクが多かったので外した

・アクアの観客席20000から15000にする案、減築をやめる案で検討

減築案 建設費615億円+赤字が年間5.97億円+修繕費60年で458億円

20000席で減築しない案 建設費530億円+赤字が年間8.54億円+修繕費60年で708億円

15000席で減築しない案 建設費470億円+赤字が年間6.94億円+修繕費60年で603億円

※参考 前都知事の時代のアクア→建設費683億円

 

有明アリーナについて

有明アリーナコストダウン案と横浜アリーナ開催案で検討中

横浜アリーナ案は大きなコストメリットがある

有明アリーナ案は五輪後の利用も見込める

 

オリパラについて

・成功と言われているロンドン大会でも見直しが多かった

・利害関係者が多く難しい

・大会の成功だけでなくその後のレガシーの実現を目的として設計する必要がある

・極力情報公開をしてプロセスの透明化を

・ロンドンでは5年前から総予算を順次公開、日本はまだ総予算が出ていない

・組織委員会と都が連携し速やかに総予算と内訳を出すべき

・都市協約の情報公開をしたほうがよい(ロンドン、リオは公開)

 

だいたいこういった内容でした。どの計画を選んでも膨らんでいった予算は抑えられそうな感じですが、水泳がものすごくお金がかかるなと感じました。水泳人口は資料にも載っていましたが20年前と比べると半分以下と、マクロに見ると減り続けているスポーツです。ただ健康促進やメダルの期待が持てる等、お金に見えない部分もあります。

現状は長沼案、15000減築なし案、有明アリーナ案あたりでまとまるのかなと思いました。

 


政治 ブログランキングへ